2012年03月04日

GLAY TAKURO のギター&エフェクター機材

もうなかなかの長い年月を第一線で活動しているGLAY。
僕が小学校の時にものすごく流行っていた覚えがあります。
僕も一時すごくはまりましたね。


バンドで求められるものも変わっていき、
それに応じて活動や音を変えていった結果が、今につながっているのでしょうか。



続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

タグ:GLAY TAKURO 機材
posted by りょーちん at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2012年02月19日

東京事変 椎名林檎 のギター&エフェクター機材

先日衝撃の解散を発表した東京事変。

僕も衝撃でした。

もう5年以上も活動していたことに…!笑



時間がたつのは早いものですね。
バンドや遊びなんかでも、東京事変のコピーはよくしていました。
もちろん、ラストツアーも参戦しますよ!

そんな東京事変の椎名林檎のギターや機材の情報を仕入れたので、紹介いたします。
機材情報はやや古い(事変活動開始初期のもの)と思いますので、最新では変わっている可能性大ですが。



続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2012年02月18日

The Birthday 新ギタリスト、フジイケンジ の機材(2011夏ごろ)

ギタリストがイマイさんから代わりましたね。

フジイケンジさんになって、僕はよくなったような気がします。ポップ感が増した?
イマイさんはブルージーなギターを好んで弾いていたような気がしますが、
ポップデキャッチーなギターならフジイさんですね。

「I'm just a dog」のアルバムでは、その感じがすごく出ています。

また、「せーのっ」で録音や作曲をやるスタンスから、重ねてバラバラに作っていく方法にも変わった部分もあるんだとか。
チバさん、「せーのっ」じゃないとライブ感が出ないとか言っていたような気もしますが。笑

それにしてもバースデイ、若くなりましたねー。

なんというか、ミッシェルの頃のほうがおっさんだったような!

さて、機材をみていきましょ!

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 21:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2011年11月02日

神聖かまってちゃん、の子モデルギターがFenderから発売「JAGMASTER NOKO Ltd.」

http://natalie.mu/music/news/58978

Squier から発売されるようですが、
神聖かまってちゃんシグネチャーモデル、って、需要あるのかなぁ、と思ってしまいますね^^;
時代だなぁ、という感じですが、ジャグマスター自体面白いギターなので、
Squier だとおそらく5万円以下になるだろうし、ある程度は売れるんでしょうか。

実際、Twitterとか見てると、なかなか「欲しい!」っていう声も多くてびっくりしました。
中高生なんかをターゲットにしてるのかな、と思いますが、
一体どんなギターになるのか、期待はありますね。

Squier JAGMASTER NOKO Ltd.

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年06月06日

OKAMOTO'S オカモトコウキ の使用機材/エフェクター

全員十代(2010年現在)!の2010年5月26日デビューしたロックンロールバンド、OKAMOTO'S(オカモトズ)。
岡本太郎を敬愛するメンバー4人が高校で集まって結成されたこのバンドは、
最近のTHE BAWDIESなどの流れにも見えるような、ガンガンのロックンロール、ガレージバンド。
元ズットズレテルズのメンバーが4人中3人いる。ので、たまにファンキー。
メンバーは全員「オカモト」姓を名乗っている。
ちなみに、ベースのハマ・オカモトはダウンタウンの浜田雅功の長男。

そんなオカモトズのギター、オカモトコウキさんの機材を紹介します。

OKAMOTO'S

ホームページ版はこちら ⇒ OKAMOTO'S の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 15:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年06月03日

THE BAWDIES JIMこと木村順彦 の使用機材/エフェクター

前回に引き続き、THE BAWDIESを紹介します。

ボーディーズのギターコーラス、JIMこと木村順彦さんの機材を紹介します。

THE BAWDIES

ホームページ版はこちら ⇒ THE BAWDIES の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年06月02日

THE BAWDIES TAXMAN(タックスマン)こと舟山卓 の使用機材/エフェクター

邦楽とは思えないほどのコテコテのロックサウンドに、ピリッとスパイスを効かせたバンド、THE BAWDIES。
「ヴォーカルは日本人?」と聴いた誰もが思ってしまうようなサウンド。
ありそうでなかった、とも言えるバンドです。

今回は、そんなボーディーズのギターヴォーカル、TAXMAN(タックスマン)こと舟山卓さんの機材を紹介します。

THE BAWDIES

ホームページ版はこちら ⇒ THE BAWDIES の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年06月01日

UNISON SQUARE GARDEN 斎藤宏介 の使用機材/エフェクター

ネクストジェネレーションの大本命とも名高い、UNISON SQUARE GARDEN。
3ピースながら圧巻のライブパフォーマンス、高い楽曲性、演奏性、独特な声、など、注目されています。
特に作曲なども手がけるベースの田淵さんの動き(ベースライン、演者の動き、ともに)が激しくてナイスです。
そんなユニゾンスクエアガーデン。
今回は、ギターヴォーカルの斎藤宏介さんのギター、エフェクターなどの使用機材を紹介します。

UNISON SQUARE GARDEN

ホームページ版はこちら ⇒ UNISON SQUARE GARDEN の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 23:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年05月31日

サカナクション 山口一郎 の使用機材/エフェクター

前回に引き続き、男女5人組のバンド、サカナクション。
今年のフェスなどでもちらほらと名前を見かけますね!
今回は、ヴォーカルもつとめる山口一郎さんのギター、エフェクターなどの使用機材を紹介します。

これまで、ギターパートの担当はもっぱら岩寺さんの担当でしたが、『目が明く藍色』などでギターパートを担当。
歪みと空間、というわりかしシンプルな構成です。

サカナクション

ホームページ版はこちら ⇒ サカナクション の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

サカナクション 岩寺基晴 の使用機材/エフェクター

電子音を織り交ぜたロックサウンドと、ひねりのきいた歌詞が特徴的な男女5人組のバンド、サカナクション。
「魚」と「アクション」を混ぜたバンド名など、言葉遊びが好きな印象。
「セントレイ」「アルクアラウンド」「ネイティブダンサー」などがおすすめ!

ギターに関しては、がちがちなバンドサウンドではなく、たまに使う、といった感じ。
こういう音をまねるのはなかなか難しいでしょうね。

今回は、リードギター担当の岩寺基晴さんの使用機材、エフェクターなどを紹介します。

サカナクション

ホームページ版はこちら ⇒ サカナクション の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年04月17日

DOES(ドーズ) 氏原ワタル の使用機材/エフェクター

銀魂の主題歌などで人気が出てきたバンド、DOES。
ミッシェルなどのガレージロックの流れを受けながら、より聴きやすく、切なげにした感じ、という印象があります。
個人的には、特にファーストシングルである『明日は来るのか』が好きです。

それでは、みていきましょう。



ホームページ版はこちら ⇒ DOES の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年03月03日

The Birthday イマイアキノブ の使用機材/エフェクター

ニューアルバム『STAR BLOWS』も好調のThe Birthday。今回はそんなザ・バースデイのギタリスト、イマイアキノブさんの使用機材を見ていきたいと思います。

バースデイも最初は「チバの横はアベじゃないと」みたいな感じでイマイさんがたたかれてたりと大変でしたが、今ではすっかり定着してきましたね。僕は個人的に、The Birthdayの音楽の方が楽しくなるから好きです。最近の曲は特に突き抜けてて、ハッキリとバースデイの音になってきてて、唯一無二のかっこよさがある気がします。

それでは、みていきましょう。

The Birthday

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年02月14日

Base Ball Bear 湯浅将平 の使用機材/エフェクター

先日に引き続き、Base Ball Bear(ベボベ、BBB)のギタリスト、湯浅将平さんの使用機材についてみていきたいと思います。
この間はGt&Voの小出さんの機材を紹介していきましたが、それよりも機材は多いですねー。

基本的にストラトを使用して、ワウやワーミーなどの飛び道具が得意だとか。

それでは、みていきましょう。

Base Ball Bear

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2010年02月05日

Base Ball Bear 小出祐介 の使用機材/エフェクター

ベースのかわいさにどうしても目が行く、Base Ball Bear(ベボベ、BBB)のギターヴォーカル、小出祐介さんの使用機材についてみていきたいと思います。
なんといってもベースの関根 史織さんがかわいいです。何かのインタビューで読みましたが、「バンドが売れていくにつれて男性陣がかっこよくなっていった」と語っていた気がします。笑

愛称は「こいちゃん」「小出ビッチ」などで東海大学中退しているそう。
エヴァが大好きで、よく自身もラジオやMCなどで話しています。
ライブハウスで初めて歌った曲はTRICERATOPSの「ロケットに乗って」。

それでは、みていきましょう。

Base Ball Bear

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2009年05月21日

GRAPEVINE 兄貴こと西川弘剛 の使用機材/エフェクター

捨て曲がない、全曲スルメ、と、キャッチーな印象は無いものの、一度ハマったファンをがっちりと逃さないバンド、GRAPEVINE。
僕も大ファンで、初期の『退屈の花』や、中期の『イデアの水槽』、全て大好きです。
今回は、GRAPEVINEの兄貴こと、ギターの西川弘剛さんの使用機材を見ていきたいと思います。

Sing

ホームページ版はこちら ⇒ GRAPEVINE の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2009年05月05日

POLYSICS ハヤシ ヒロユキ の使用機材/エフェクター

日本のテクノ・ポップ、ニュー・ウェイヴ・ロック・バンド、POLYSICSのフロントマン、Gt&Voのハヤシヒロユキさんを今回は紹介します。
ライブでの衣装、オレンジのつなぎに四角のサングラス(?)という衣装は、ライブ会場でも真似している人を玉に目にしますね。
メディア等の露出は少ないものの、ライブには熱狂的なファンがいますね。
それでは、みていきましょう。

Polysics or Die!!!! Vista [Import] [from US]

ホームページ版はこちら ⇒ POLYSICS の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2009年05月04日

ナンバーガール/bloodthirsty butchers/toddle 田渕ひさ子 の使用機材/エフェクター

昔はナンバーガール、今はブッチャーズのギタリスト、言わずと知れた女性ギタリスト、田渕ひさ子さん。
椎名林檎やクラムボンなど、ゲストギタリストとして色々な楽曲にも参加したり、音楽における親交も非常に多い人のようですね。
いったいどのような機材を使っているのか、実際に見て行きましょう。

ライヴ・アルバム ~サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態

ホームページ版はこちら ⇒ ナンバーガール の使用機材を考える HP版

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2009年04月30日

サニーデイ・サービス 曽我部恵一BAND 曽我部恵一 の使用機材/エフェクター

1992年からサニーデイ・サービスなどで音楽活動をしていて、今でも健在のアーティスト、曽我部恵一さん。
僕も憧れの人ですが、はたしてどのような機材をつかっていらっしゃるのでしょうか。
じっくりと見て行きましょう!

トキメキLIVE!

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2009年04月24日

ASIAN KUNG-FU GENERATION 喜多建介 の使用機材/エフェクター

前回に引き続き、アジカンのギタリスト、喜多建介さんの使用機材についてみていきたいと思います。
本当にさまざまなギターを使用しているところから、ギター小僧の片鱗がうかがえますね!
それでは、みていきましょう。

サーフ ブンガク カマクラ

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

2009年04月22日

ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文 の使用機材/エフェクター

日本語ギターロックの代表格、アジカンのごっちこと、後藤正文さんの使用機材についてみていきたいと思います。
ASIAN KUNG-FU GENERATION、というバンド名が特徴的ですが、Oasisのノエル・ギャラガーが「クソ素晴らしいバンド名だ。」、と言ったそうです。笑
それでは、みていきましょう。

サーフ ブンガク カマクラ

続きを読む



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview

posted by りょーちん at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。