2010年06月03日

THE BAWDIES JIMこと木村順彦 の使用機材/エフェクター

前回に引き続き、THE BAWDIESを紹介します。

ボーディーズのギターコーラス、JIMこと木村順彦さんの機材を紹介します。

THE BAWDIES

ホームページ版はこちら ⇒ THE BAWDIES の使用機材を考える HP版
■ギター: 
   ・Gibson Les Paul Deluxe '75(ゴールド)
ミニハムバッカー×2のレスポールデラックスがメイン機。
   ・Epiphone OLYMPIC SPECIAL
JIM氏が高校3年生のころ購入し、自ら、大改造をほどこしてあるギター。

■アンプ: 
   ・ELK Viking-50(アンプヘッド)
   ・VOX AC-30(キャビネット)
2基使っており、片方は秋間経夫(マルコシアスバンプ、ラーマアメーバ)さんのオリジナルハンドメイドカスタムモデル(AC-30の箇体を使ってはいるが、オリジナル。)。「基本的にはVOX AC-30なのですがさらに中域〜高域にかけてブーストしてあり、とにかく音抜け、音圧がすごいです。かといって倍音が減ってレンジが狭くなったりということもなくとてもワイドレンジに鳴るアンプ。レコーディングでのマイクノリも抜群によく、お気に入りの1台です。」とのこと。もう片方は'64製のAC-30。

■エフェクター:
   ・FAR EAST ELECTRIC クリシュナ・オーバードライブ(オーバードライブ)
   ・September Sound RAT2 DUAL CLIP MOD(ディストーション)
RAT2のMOD版です。ダイオードを選べたり、ブースター代わりに使用できたりと、幅広い歪みをコントロールできます。
   ・weed MXR phase 90(フェイザー)
MXR phase 90 のweed MODです。通常からトレモロ風サウンドモード、ライトなフェイズサウンドモード、の2種が追加されており、こちらも幅広く使えます。
   ・MAXON AD999(アナログディレイ)
   ・MAXON CS-550(コーラス)
   ・BOSS TW-1(オートワウ)
   ・BOSS TU-2(チューナー)
   ・Guyatone Power Gang AC-106(パワーサプライ)

モディファイモデルを好んで使用しているようですね。
他の機材を使っていることもあるみたいです。



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview
posted by りょーちん at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152072185

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。