2010年06月02日

THE BAWDIES TAXMAN(タックスマン)こと舟山卓 の使用機材/エフェクター

邦楽とは思えないほどのコテコテのロックサウンドに、ピリッとスパイスを効かせたバンド、THE BAWDIES。
「ヴォーカルは日本人?」と聴いた誰もが思ってしまうようなサウンド。
ありそうでなかった、とも言えるバンドです。

今回は、そんなボーディーズのギターヴォーカル、TAXMAN(タックスマン)こと舟山卓さんの機材を紹介します。

THE BAWDIES

ホームページ版はこちら ⇒ THE BAWDIES の使用機材を考える HP版

■ギター: 
   ・Fender Telecaster Custom '73
主にリアPUを使用。ソロ時にフロントやセンターを使用することも。
   ・Gibson Les Paul Custom '72(チェリーサンバースト)


■アンプ: 
    ・Ampeg VT-22
    ・Fender Pro Reverb

■エフェクター:
   ・IBANEZ TUBE SCREAMER チューブスクリーマー TS808(オーバードライブ)
ANALOG.MAN MODを使用しており、常時オンで使用。
   ・BOSS TU-2(チューナー)

あとちょこちょこと使っているみたいですが、はっきりとはわかりませんでした。
しかし、結構シンプルな構成です。
またわかり次第アップします。



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview
posted by りょーちん at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。