2010年02月14日

Base Ball Bear 湯浅将平 の使用機材/エフェクター

先日に引き続き、Base Ball Bear(ベボベ、BBB)のギタリスト、湯浅将平さんの使用機材についてみていきたいと思います。
この間はGt&Voの小出さんの機材を紹介していきましたが、それよりも機材は多いですねー。

基本的にストラトを使用して、ワウやワーミーなどの飛び道具が得意だとか。

それでは、みていきましょう。

Base Ball Bear

■ギター: 
   ・FENDER USA STRATOCASTER '58年製 リイシュー(サンバースト)
メインギター。
   ・Fender USA American Deluxe Stratocaster (アンバー)
   ・Gibson Flying V(エボニー)

■アンプ: 
   ・Marshall 1959
   ・Fender Deluxe
   ・Marshall DSL100
スペア。基本はMarshal 1959とFender Deluxeです。

■エフェクター:
   ・OM LABORATORIES SAHASRARA OVERDRIVE(オーバードライブ)
シンガポール製のレアなオーバードライブ。「PREGAIN」「GAIN」「Volume」「Tone」というコントロールで、プリゲインとゲインの組み合わせで多彩な歪みを作れるとか。
   ・Line6 Roto-Machine(ロータリースピーカーシミュレータ/オーバードライブ)
   ・Moog MF-101 Lowpass Filter(ローパスフィルター)
   ・Moog MF-105 MuRF(マルチレゾナントフィルター )
   ・PhantomFx RUINS FUZZ(ファズ)
   ・A.Y.A BM-FUZZ 80(ファズ)
ここらへんで歪みを調整してるんでしょうか。
   ・LINE6 ECHO PRO(エコー/ディレイ/ルーパーモデラー)
   ・MXR PHASE90(フェイザー)
   ・BOSS TR-2(トレモロ)
   ・PROVIDENCE VELVET COMP(コンプレッサー)
   ・Line6 MM4 Modulation(モジュレーションモデラー)
   ・Electro-Harmonix HOG(ギターシンセサイザー)
   ・DigiTech Whammy(ワーミーペダル)
   ・Ibanez WH10(ワウ)

上記のエフェクター類を
   ・Providence PEC-2(スイッチングシステム)
によってコントロールしています。

その他、Art-School 戸高賢史さんの自作エフェクター「Phantom FX」のカスタムペダルやProvidenceのカスタムペダルなどを使用している模様。

いやー、書いてて一苦労でした。
いろいろな機材が絡み合いすぎてなかなか。
素人が真似するのは難しいですかねー。
Marshallの歪みやファズを極めたり、ワウやワーミーなんかはまねできそうですが。



にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ TREview
posted by りょーちん at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽アーティスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141129712

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。